使っているタオル

使っているタオル

刺激のあるタオルは避けましょう

ニキビが気になる方は洗顔や体を洗った後のタオルは優しい物に変えてみてください。肌に刺激を与えすぎると、肌が硬くなって毛穴が詰まりやすくなったり、角質を痛めて肌の水分バランスを乱す原因にもなります。ちょっとした手間ですが、肌に優しいタオルは美肌にも繋がりますから是非実践してみて下さい。
タオルの素材は肌に刺激が少ない綿がおすすめです。しかし、綿は洗っているうちに繊維が硬くなりやすいため、洗って干す前にタオルを振りループを立てるとフンワリとした肌触りに変わります。柔軟剤プラス干す時に手間をかけるだけでホテルのようなフワフワタオルができあがります。また、麻は洗うごとに肌触りが柔らかくなりやすく、海外のホテルで採用している所もあります。
体を洗った後、洗顔の後などは肌が柔らかくなっており角質が剥がれやすいため、柔らかいタオルに変えましょう。刺激が少ないとメラニンが蓄積しにくくなって、シミの対策にも繋がってきます。

ニキビ肌にナイロンタオルは×

背中にニキビができやすい方はナイロンタオルよりも、肌さわりの良いタオルに変えてみましょう。綿や麻、シルクなど天然繊維が使われたものに変えると、肌がツルツルになるのを実感しながら、皮脂を取りすぎずニキビも改善してきます。ニキビ肌の方は皮脂を洗うことばかり考えて、ナイロンタオルでゴシゴシ洗いかえって逆効果になっているケースもよく見られています。
ナイロンタオルに慣れてしまうと一見汚れや古い角質が落ちている感じがしますが、実は過剰に皮脂や角質を壊してしまっているのです。肌のバリア機能が落ちるため保護するために皮脂が多く分泌したり、逆に角質が厚くなる人もいるようです。それがニキビの原因になっていることを知らずに使っているのかもしれません。ニキビができるということは体本来の機能が衰えている証拠でもあります。常在菌は皮膚を正常にし、皮脂は肌の水分蒸発を防いでおり、それらを取り除くのがナイロンタオルなのです。

 

背中ニキビ用化粧品人気ランキングはこちら>>