よい食べ物

よい食べ物

ニキビに良い食べ物

ニキビに良い食べ物を考える前に、まずはニキビを作る原因となる食べ物のほうを先に見てみましょう。典型的な食事では、炭水化物が多くビタミンやたんぱく質が少ないものです。コンビニ食、ファーストフード、外食でお弁当を買う、毎日外食が多い人などは注意が必要です。また、食事代わりにスナック菓子を食べている方も、ニキビ改善に良い栄養が不足しているといえます。
ニキビができにくくなる食事にするには、まず炭水化物や脂質が多い食事を改善しなければなりません。次にビタミンを多く摂取するため野菜を多くしたり、ビタミンBが多い食材を組み合わせましょう。特にビタミンAは肌の粘膜を強くして代謝にも影響しており、ビタミンB2は皮脂コントロールに関係しています。また、ビタミンCは活性酵素を抑える働きが期待でき、ニキビの炎症に効果的です。
ニキビに良い食事とは色々な食材を組み合わせバランスの良いメニューのことで、脂肪が少なくビタミンが豊富な和食を取り入れると良いでしょう。洋食が多い人や揚げ物が好きな人はニキビができやすい傾向があります。

ニキビ跡に良い食べ物

ニキビ跡のためにはたんぱく質の補給が必要です。日本人は炭水化物が多い傾向が見られており、たんぱく質は不足がちなのです。人の体の様々な場所を構成しているのはたんぱく質で、肌もたくさんのたんぱく質が存在しています。この栄養素が不足すれば新しい肌が作られにくくなり、ピーリングでいくら古い角質を除去しても肌が再生しにくくなってしまいます。また、たんぱく質不足はターンオーバーのサイクルを乱す原因ともなり、古い角質が蓄積しやすくもなります。ニキビがある人は脂肪分が少なく、たんぱく質が豊富な鳥のササミ、鳥の胸肉、豚のもも肉などを取り入れましょう。そのほか大豆や魚介類にも多いため、様々な食材を取り入れてみてください。
また、たんぱく質は免疫力の元にもなるため、ニキビができて炎症が起きている肌の治りも良くします。同時にビタミンCで抗酸化作用を高めたり、コラーゲンの生成を促すのもおすすめです。ビタミンやたんぱく質を組み合わせた食事でニキビ跡を解消しましょう。

 

背中ニキビ用化粧品人気ランキングはこちら>>