ニキビができるメカニズム

ニキビができるメカニズム

ニキビができるメカニズム

ニキビを改善するためにはニキビができるメカニズムを簡単に知っておくと良いでしょう。できかたを理解すると間違ったケアが避けられ、生活習慣やスキンケアなど総合的に改善しなければならないことがわかってきます。簡単で良いのでその仕組みについて理解しておくことをおすすめします。
ニキビは基本的に皮脂が毛穴に詰まってできます。様々な原因が考えられるものの、直接原因となるものは皮脂と雑菌などが交じり合いそれが炎症を起こしたり、毛穴に詰まった皮脂汚れが原因です。皮脂が多く分泌する原因は年齢によって多少異なっており、思春期ならホルモンによる影響が考えられ、大人ニキビなら生理周期によるホルモン変化やストレスなどがあげられます。特にストレスは自律神経を乱して男性ホルモンを優位にしやすいため、若い女性から年齢を重ねた方まで幅広く注意する必要があります。つまり、ニキビケアは皮脂の対策と同時に年齢で原因になりやすい事柄も注意しなければならないのです。

毛穴が詰まるメカニズム

ニキビの原因となる毛穴の詰まりは、肌のターンオーバーが正常に行われなくなっている証拠です。年齢的に新陳代謝が悪くなったり、ホルモンの影響で肌が硬くなって代謝が悪くなることで、古い角質が除去されにくく毛穴が詰まってしまいます。年齢による原因はなかなか改善できませんが、古い角質の除去のためにピーリングを心掛けたり、細胞の再生を促すたんぱく質を食べるなど食事に気をつけることで多少は改善されます。また、年齢的な原因は肌の代謝以外にもホルモンバランスが乱れやすいこともあり、ストレスを溜めない工夫や女性ホルモンを整える工夫も一緒にやることをおすすめします。
そのほか、過剰なスキンケアによって角質が硬くなり皮脂が詰まる原因も考えられますから、角質を無理に取りすぎるのは避けて下さい。一度肌が傷つくと4日〜5日は回復に時間がかかってしまいます。ピーリングは週に1回程度に留め、肌が回復する時間を作るようにしましょう。

 

背中ニキビ用化粧品人気ランキングはこちら>>