ニキビのケア方法

ニキビのケア方法

第一に毛穴の汚れ除去

一般的にニキビの直接的な原因は、毛穴に汚れが詰まって炎症を起こしているからです。ニキビができてしまったらまずは毛穴の汚れを取り除いたり、溜まった角質を除去するためのピーリングなどを活用しましょう。洗うといってもゴシゴシ強く洗うのではなく、ピーリング専門の石鹸を使ったり、皮膚科やエステで専用のピーリングを利用するなどの方法です。
また、炎症を起こしていない白ニキビはコメドと呼ばれるニキビの元を排泄させる処理も有効です。専用の器具を使ってニキビを潰すと、皮脂や炎症の元となる雑菌などが追い出されて早く改善します。背中の場合は自分でやることはできないため、皮膚科で処理してもらうのも良いでしょう。そのときに同時にピーリングもしてもらえば、毛穴の詰まりが解消されて皮膚の新陳代謝も良くなります。
まずニキビができたらその原因となっているものを取り除く工夫も必要です。通常の石鹸やボディソープで洗う際には、皮脂の取り過ぎに注意しゴシゴシ擦らないようにして優しく洗うようにしてみましょう。

保湿も忘れずに

ニキビを改善するためにはきちんと洗うことも重要ですが、それ以上に大切なのが肌の保湿力を高めることです。ここを疎かにしてしまうと、余分な皮脂が分泌してよけい酷くなることもありますから、ニキビのためには保湿をする必要があると覚えておいて下さい。
ニキビを改善するには肌の水分と皮脂のバランスを整えるようにしましょう。背中ニキビなら保湿効果の高いボディローションを付け、水分を補うと徐々に皮脂が過剰に分泌しにくくなります。このときに気をつけたいのが油分が多く含まれているローションは避けることです。また、最後にクリームや乳液で整えると、肌本来が皮脂を作る力を弱めてしまうため保湿をメインに考えます。オイルフリーローションを使ったり、最後にクリームを塗るときにも少量付けるなど量を調整することをおすすめします。
そのほか逆効果となりやすいのが界面活性剤入りのスキンケアです。水と油を混ぜ合わせるために配合されており、浸透力が良い代わりに角質層を痛めてしまいます。刺激が少ないローションでケアするのが鉄則です。

 

背中ニキビ用化粧品人気ランキングはこちら>>