皮膚科・レーザー治療

皮膚科・レーザー治療

皮膚科での保険治療

ニキビの治療には保険が適用しているものと、自費となる治療があるため詳しい内容を知っておいて下さい。基本的な薬物療法では保険が適用しますが、ニキビ跡を消すためのレーザー治療などは保険適用外となります。炎症を取り除く治療は保険が適用され、見た目を良くするものは適用外と覚えておくとわかりやすいでしょう。
まず皮膚科を受診すると、ニキビの芯を出す治療、外用薬や内服薬による治療が行われます。ニキビの炎症が酷い時には抗生物質が処方され、皮膚の状態によってはビタミン剤も出ることがあります。ニキビ治療を受けるメリットはニキビを早く綺麗に治すことで、重症化した人だけが行く場所ではありません。初期のニキビなら芯を出す処置のみで良いこともあり、医師にケアしてもらえば後でデコボコになりにくくなります。ニキビの治療は正しい保湿ケア、皮膚を清潔にすること、そして炎症を早めに取り除くことが重要です。治療だけでなく総合的に生活習慣の見直しを教えてもらうのも良いでしょう。

皮膚科のレーザー治療

皮膚科で利用できるニキビ治療のレーザーには、色々な効果が期待できます。一見ニキビ跡を取り除くケアのみという感じがしますが、実はニキビを防いだり治りを早くするためにも利用されているのです。しかし、レーザー治療は基本的に保険適用外となることが多いため、費用などを考慮の上取り入れるようにしてみて下さい。
ニキビのレーザー治療は使われる器具によって多少効果が異なっており、ニキビの芯を排泄しやすくする方法や、毛穴の引き締め効果が得られるもの、ピーリングをして肌のターンオーバーを整える治療などがあります。そのほかアクネ菌を除去したり、ニキビ跡のデコボコを滑らかにするレーザー治療も選択できます。どの治療も1回のみでは効果が出にくく、何度か処置するごとにニキビが改善してきます。また、ニキビの初期に利用するというよりは、薬物療法で治りにくい重症化したニキビに多く活用されています。また、自己流だと治癒に時間がかかりやすいため、早く治したい方にも良いでしょう。

 

背中ニキビ用化粧品人気ランキングはこちら>>