インナーにも原因

インナーにも原因

化繊のインナーにご注意

冬になると防寒のために機能性インナーを利用する方も少なくないでしょう。肌にピッタリフィットして保温性のあるものや、肌の保湿を高める機能など色々な良い商品が売られています。しかし、気をつけたいのがそれらの多くは化繊で作られているのです。冬の乾燥する時期に化繊の下着を付けると、静電気が発生しやすく肌の水分が知らず知らずの内に奪われている可能性があります。このようにインナードライ肌はできあがり、背中ニキビなどの原因ともなるため特に冬に着るインナーの素材には注意してみて下さい。
ニキビができやすい人、肌が乾燥しやすい方などは綿やシルクなど天然繊維のインナーがおすすめです。これらは静電気が押さえられ、素材自体に保湿性もあるため肌が乾燥しにくくなります。ニキビは皮脂が多いだけでなく、肌が乾燥することで水分と皮脂のバランスを乱し、毛穴が詰まる原因も考えられます。また、化繊のインナーは通気性も悪い傾向にあり、思ったより冬は汗をかいているものでそれが蒸れの原因となり雑菌が繁殖する原因もあります。

締め付ける下着も避けよう

ニキビの中でも特に背中は常に下着に触れている箇所のため、インナーによる影響を強く受けてしまいます。ニキビが気になるなら天然繊維で刺激の少ないものに変えると同時に、締め付けない下着も考えてみてください。
特に女性の場合はブラジャーや補正下着などで締め付けがちです。なぜ締め付けが悪いのかというと、血流が阻害されて老廃物が排泄されにくくなったり、細胞の生まれ変わりを促す栄養が届きにくくなるためです。また、締め付ける下着では通気性も悪くなるため、汗が肌に残ったままとなり雑菌と交じり合ってニキビの元を作ります。仕事柄締め付ける下着や化繊のものをつけなければならない時には、休日や帰宅した時くらいはゆったりとして天然繊維のものに変えてみてください。今はナイト用の良い下着も多く出ており、肌に良い綿やシルクを選べば刺激も少なくなります。選ぶ際にはワイヤーの入っていないTシャツブラや、ナイトブラ、スポーツ用でも綿のものを選ぶと良いでしょう。

 

背中ニキビ用化粧品人気ランキングはこちら>>