潰すとどうなるのか

潰すとどうなるのか

潰して良いニキビ

ニキビができたら直ぐに手で潰してしまうという方も多いかもしれませんが、ニキビにも潰してよいものと避けたほうがよいものがあります。無闇に潰して良い分けでは無く、手で触れたりすると跡が残るタイプもあるため正しく見極めることが必要です。もし不安だったり、どちらか分からない場合は皮膚科で処置してもらうのが無難です。
では、潰しても良いニキビを紹介します。自分でやっても良いのは初期の段階のニキビのみで、炎症が強いものは医師にお願いしたほうが良いでしょう。白ニキビのように毛穴に皮脂が詰まり白っぽく見える段階や、黒ニキビのように毛穴に皮脂汚れが詰まっているだけの場合は自分でも手入れができます。ただしニキビが膿んでいたり、赤く腫れて触ると痛みがあるようなら自己処理は禁物です。
また、白ニキビの場合は専用の道具を使うと芯が出やすくなります。コメドプッシャーという道具で先端の中心のみ穴が開いており、肌を傷つけないように出すことができます。

潰さないほうが良いニキビ

ニキビを潰してはいけないのは赤く炎症を起こしている状態のものです。この状態で芯を出すことは難しく、自分で無理やり出そうとすると炎症が酷くなって、クレーター状になることもあるため注意しましょう。
赤いニキビを潰すとクレーターになりやすい理由は、肌の深い場所に傷ができてしまうからです。白ニキビや黒ニキビは肌の表面のみ刺激するのみで真皮まで傷は達しません。ところが赤ニキビは炎症を起こして深い部分まで皮膚が既に傷ついていますから、潰すことでもっとダメージを深くしてしまう恐れがあります。ニキビが赤くなっていたら触らないのが第一で、病院で処方された薬で炎症を抑えることをおすすめします。
そもそもニキビができかけのときに適切に潰してケアしておけばよく、赤く炎症を起こしたものは悪化した状態ですから、ニキビができたら治りを良くするように潰すと良いでしょう。赤くなったニキビは手に付いた雑菌などが入り込み、皮膚が炎症を起こしている状態なのです。

 

背中ニキビ用化粧品人気ランキングはこちら>>